MENU

フランスのギャンブル規制当局は進歩を遂げる必要があると考える

フランスのギャンブル規制当局であるL’Autorité Nationale des Jeux(以下:ANJ)は、国内のオペレーターの責任あるギャンブルに関する年次レビューを完了しました。その結果、いくつかの分野で大幅な進展が必要であるとの結論に達したと考えを示しています。

注目ポイント

  • マーケティング手法や戦略のさらなる改善。
  • 若年層や弱者の保護を第一に!
  • 未成年のギャンブルに警告が増加し、さらにきちんと読者に届いている

年次審査では、すべての事業者が計画の概要をANJに提出することが義務付けられています。この計画は、過剰なギャンブルを抑制し、責任あるギャンブルを促進するための事業者の目的を概説するものでなければなりません。この計画では、ANJの規制に沿った主な変更点しより強調する必要があると言います。

2021年にも審査が行われ、いくつかの懸念が示されました。その多くは、マーケティング手法や戦略に関するものでした。特に独占企業が打ち出した計画に重点が置かれて、2022年の目的は、事業者が若者や弱者を保護することを、また、身元確認の改善も望まれました。

若年層や弱者の保護がANJの優先事項

今年の見直しでは、やはり若年層や弱者層の保護に重点が置かれました。ANJは、未成年のギャンブルに対抗するため、事業者はより厳格な本人確認を行う必要があると述べています。

さらなるチェックについては、問題や疑わしいギャンブルの傾向に早く気づくようなIDシステムを確立するよう、事業者に助言しています。また、ギャンブル依存症については、ANJの定義を採用し、その対策として適切なリソースをプレーヤーに提供することが明らかにされています。また、既存の顧客知識を活用して、必要なときに介入することも勧められています。

未成年者の保護に関しては、ANJは、事業者はメディアにおいて未成年者のギャンブル防止に焦点を当てるべきであると述べています。これには広告も含まれる。また、子供やティーンエイジャーがウェブサイトやソーシャルメディアにアクセスできないようにすることも必要です。

フランスのギャンブル規制当局、大幅な進展が必要との見解を示す

進展が必要な理由

ANJは報告書のまとめとして、過剰な賭博と未成年の賭博は、同国の市場が抱える2つの大きな問題であると述べています。ANJが打ち出した対策により、これらの分野で減少傾向が見られるようになることが期待される。

全体として、ANJは、フランスの大多数のオペレーターが、掲げた目標を達成するために、大幅な改革を行う必要があると述べています。しかし、悪いニュースばかりではない。ANJは、フランス国内の事業者による前向きな進展も評価した。未成年のギャンブルに関するメッセージが増え、それが適切な読者に届いているとのことだ。また、ギャンブル依存症患者への対応についても、一定の改善が見られるという。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

To comment

CAPTCHA


目次
閉じる