MENU

ギャンブル委員会が公正な取引条件と慣行に関するガイダンスを更新

ギャンブル委員会、公正取引に関するガイダンスを修正を発表!

2022年2月16日、ギャンブル委員会(GC)は、すべての事業者向けに、公正で透明性のある条件と慣行に関するガイダンスを更新しました。これは、GCが、ライセンシーが不公正となりうる条件を使用し、条件の適用方法を決定するために不当な裁量権を与えていることを発見した結果によるものです。

最終的にギャンブル委員会は、条件が理解しにくいことを発見しました。

不当な例としては、以下のようなものがある。

  • ライセンシーが顧客のステイクしていない預金を没収することを可能にする条件
  • 違法、不規則、または不正なプレイがあったとライセンシーが判断した場合の顧客の資金の扱いに関する条項
  • オンラインゲームのプロモーションで、顧客が不注意で賭け金ルールを破った場合、ライセンシーがリアルマネーの賞金を無効にする権利を持つ条項がある場合。
  • ライセンシーがオープンベットの潜在的な賞金を減らすことを不当に許可する条件。

GCは、ウェルカムボーナスの提供や賭け金要件は、責任を持って行われなければ、過剰なプレイを助長する可能性があると指摘しています。

ライセンシーが今すべきこと

GCは、前回の調査結果に続き、ライセンシーが守るべきガイドラインをいくつか示しています。まず、ライセンシーは利用規約を見直し、関連する消費者保護法、LCCPを遵守し、欧州委員会の最新のガイダンスを考慮する必要がある。

ライセンシーは、自分たちの規約がいかに公正で透明性のあるものであるかを証明することができなければならない。これらに加え、ライセンシーは提供するサービスを見直し、社会的責任を果たすような方法で構築されていることを確認する必要がある。

声明の結論として、GCは次のように述べています。

『消費者が苦情に対するライセンシーの対応に満足できない場合、代替紛争解決(ADR)プロバイダーに照会することができる。我々は、ADRプロバイダーが消費者とライセンシーの間の契約上および取引上の紛争を裁くことを期待しています。ADRプロバイダーに対する我々のガイダンスは明確であり、ADRプロバイダーは紛争を検討する際に消費者保護法を考慮しなければならない。

これには、例えば、契約条件が公正であるかどうかを検討することも含まれる。』

とコメントしています。

過剰な演出やプロモーションを行った中でプレイヤーに還元されない事例というのは厳しく罰する必要があるのではないでしょうか?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

To comment

CAPTCHA


目次
閉じる