MENU

オンラインカジノ業界で広がるギャンブル依存に対する自己排除プログラムについて

世界中に広がる自己排除プログラムの実現は、どのようなものか?業界の専門家は、それがギャンブル依存症との闘いを解決するカギとなると考えています。

日本でも自己排除プログラムは導入されています。

自己申告プログラムは、パチンコ店などのホールの会員管理システムを活用して、会員(遊技客)が 1 日 の遊技の使用(投入)上限金額を自ら申告し、設定値に達した場合、翌来店日に店舗従業 員が当該会員に知らせる新たな仕組みです(導入は任意)。

ギャンブルサービスの最も困難かつ重要な側面の1つとして、プレイヤー保護があります。

規制と持続可能なビジネス慣行の最前線にあり続けています。プレイヤーだけでなく、業界が一丸となり、危害の危険にさらされているプレイヤーを保護するための信頼できるネットワークを構築することは必要となりますが、それは実現可能なのでしょうか?

このギャンブル依存症に対しては一部の管轄区域ではなく、多くのエリアで求められており、今回、それを確立する明確な意図を持ったブルーペーパーが発表されました。

グローバルな自己排除プログラムは、現在業界が直面している問題の集合を解決するものであり、Casino Guruは、国境や大陸を越えた協力と献身によってその目標を達成したいと考えています。

グローバルな自己排除プログラムは、業界とプレイヤーにとってどのような意味を持ち、どの程度の確率で実現するのだろうか?

取り組みの内容

Casino Guru(カジノグル)は、ちょうど1年前にグローバルな自己排除プログラムを開発するという野心的な計画を初めて発表しました。その14ヵ月後、チームは公式提案として、グローバル自己排除システム(GSES)の技術的詳細と、潜在的な課題と解決策を含むブルーペーパーを発表しました。

Casino Guruの「Sustainable and Safer Gambling Lead」通称「GSES」であるSimon Vincze氏は、あるプラットフォームから自己排除したプレイヤーが、別のプラットフォームでプロファイルを作成してプレイを継続することがいかに簡単であるかを指摘しています。

英国やスペインなどの国々は、規制当局が排除登録を共有する必要性に言及しており、GSESはその要請に応えている。国際的なAPIシステムを通じて、オペレーターは登録されたすべてのプレーヤーとその除外状況に関する情報にアクセスできるようになります。

これにより、参加するすべてのギャンブル事業者は、ギャンブルをやめるという自らの決断を回避したい衝動に駆られた人たちを保護することができます。GSESは、ほとんどのライセンス事業者やその他の事業者に採用されれば、大規模なギャンブル被害を最小限に抑えることができます。

今後克服すべき課題

最大の課題は、導入と海外市場である。

GSESが成功するためには、グローバルに大規模な導入が必要であり、これには規制当局に従わないプロバイダーからの賛同も必要である。

プレイヤーは、自分のプライバシーを心配し、露出を恐れて登録を控えるかもしれません。Casino Guruは、この懸念に対する解決策として、コミュニティの努力を提案している。

彼らが「lost in the crowd」と呼んでいるように、ギャンブル依存症の人だけでなく、すべての関係者がGSESに登録することを提案しているのです。

相互接続されたグローバルな自己排除プログラムの必要性は明らかである。GSESのブルーペーパーは、オペレーター、プレイヤー、プログラムを管理するチームにとって頭痛の種となりうる重要なトピックを多く取り上げています。これは進行中の作業であり、ギャンブル産業が団結した場合にのみ成功することができます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

To comment

CAPTCHA


目次
閉じる