MENU

テキサス州でのギャンブルはさらに拡大の可能性

テキサス州では、ギャンブルの拡大を求める動きが続いている。10年以上にわたって同州でこの推進力を担ってきたCarol Alvarado(キャロル・アルバラド)上院議員は、カジノ賭博を認めることがテキサス州の雇用創出と多額の収入につながると考えています。

今後有権者が拡大に賛成することに自信をのぞかせる

今週、地元のメディア取材に応じたアルバラド氏は、テキサス州の人々がいかにギャンブル好きか、そして有権者が拡大に賛成してくれることに「とても自信がある」と語った。2009年、この問題を国民投票にかけようと、初めて法案を提出した。カジノを合法化するには、憲法改正が必要なため、国民投票が必要なのだ。

下院議員のJohn Kuempel(ジョン・クーンペル)氏は昨年、同じ法案を下院に提出した。彼は、『テキサスでは多くの人がギャンブルのために国境を越えて他の州に行くことに言及している。私は、そのお金を同州にとどめ、固定資産税の軽減、インフラ、公教育などに回すべきだと考えています。』とコメントしています。

拡大の後押しもある

カジノ企業のラスベガス・サンズは、雇用を増やし、広告キャンペーンを展開するなど、テキサス州でのギャンブル拡大推進を支援している。こうした努力にもかかわらず、上院・下院の議場では決議案が採決されたことはない。ギャンブルの拡大に反対する議員の多くは、ギャンブルの拡大が地域社会に悪影響を及ぼすと考えているためです。

以前の法案では、4つのカジノを開発することを求めていた。

  • オースティン
  • ヒューストン
  • サンアントニオ
  • ダラス/フォートワース

の4カ所です。

Las Vegas Sandsは、変化が起きるかもしれないと楽観視しています。

CEO兼会長のRob Goldstein(ロブ・ゴールドスタイン)氏は、投資家との最近の四半期電話会議で、テキサス州でカジノ賭博が実現すれば、同社は準備が整うだろうと語った。Las Vegas Sandsの広報担当者は地元メディアに対し、同社は『カジノゲーミングの可能性についてテキサスの関係者と話し合うことを約束する』と述べています。

スポーツベッティング合法化の取り組み

スポーツベッティングを合法化しようという動きは、あまり活発にはなっていない。スポーツブック運営会社と州内の主要なプロスポーツチームのグループは、この取り組みを継続することを約束しています。Sports Betting Allianceは、2023年1月まで始まらない次の立法セッションが始まる前に、議員たちと会話を交わす予定だ。

Sports Betting Allianceの広報担当者Cara Gustafsonは、次のように述べています。

『我々は、2023年にこの法律を通過させるための投票のしきい値があると信じています。その後、2023年11月にこの問題についての一般投票が行われることになる。計画通りに進めば、オンライン・スポーツブックは早ければ2024年1月に稼動することになる。』

とコメントしています。

米国で2番目に人口の多いテキサス州では、スポーツベッティングが合法化されれば、巨大な市場となります。最近の調査では、テキサス州民は毎年50億ドル以上のスポーツベッティングが行われています。

テキサス州で収益化することで州内で還元したいというのは非常にまともな意見と言えるでしょう。

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

To comment

CAPTCHA


目次
閉じる