MENU

デンマークのギャンブル産業2022年は徐々に回復傾向に

デンマークは、今年1月と2月のギャンブル収益(GGR)が改善したことが報告されました。ランドベースのカジノからの収益が大幅に増加したことによります。スポーツベッティングやリモートギャンブルは、2021年同期と比較して低いGGRを記録した。

同国では、最初の2ヶ月間で10億5000万DKKのギャンブル収入があり、これは2021年から16%の増加である。パンデミックによる閉鎖前、スロットマシンと実店舗のカジノは、2020年と同程度の数字を記録した。

デンマークのギャンブル当局「Spillemyndigheden」は、同国のゲーム収益の結果を発表しています。オンラインカジノとスポーツブックは若干の減収となったが、全体としては増加し、業界回復の兆しが見られるのは確かです。

ランドベースのカジノとスロットマシンによるGGRは、期間中に記録されたGGR全体の15%、162百万DKKを占めた。ゲーミングマシンは2月の総収入が1億900万DKKを記録し、これは2020年の数字とほぼ同等である。実店舗のカジノは、1月は閉鎖のため収益を計上せず、一部のマシンのみで賭けを行った。

過去2年間、COVID-19の閉鎖や規制のため、非常に不安定な取引となっていました。1月から2月にかけて400%という大幅な伸びを示したのは、同分野の取引が本格化したことによります。

クラップス オンラインギャンブルとスポーツベッティングの減少

オンラインカジノの収益は、2ヶ月間で0.2%の微減となりましたが、このセグメントはデンマークのギャンブル収益に最も貢献するセグメントとして続いています。

2022年1月と2月のオンラインカジノの総GGRは、4億7500万デンマーククローネに達した。陸上施設がオープンした1月の261百万DKKから2月の214百万DKKへと顕著な収益減少が起こりました。

2ヶ月間のスポーツベッティングの総収入は4億1200万DKKで、1月のベット額は2億2800万DKK、2月のベット額は1億8400万DKKでした。これは、2021年の同時期に比べ、ベット数が3.7%減少しています。2022年2月、スポーツブックは2021年比で17%の打撃を受け、オンラインカジノは前年比で300万DKKの賭け金が減少しました。

この期間の収益は減少したものの、オンラインカジノは、パンデミック前の数値と比較して、増加した状態を維持しています。歴史的に、スポーツベッティングの収益は、この業界に関連する季節的なイベントによって変動します。

デンマークのギャンブル当局の義務のひとつは違法賭博の撲滅であり、この問題に関する年次報告書にはH2 Gambling Capitalによる業界全体のレポートが含まれています。統計によると、デンマークがいかに継続的にチャンネリング率を向上させ、これまで以上に多くのデンマーク人が合法的なプラットフォームでギャンブルをするようになったかが示されています。

このレポートでは、イギリスがチャンネリングにおける業界リーダーであることが示されていますが、デンマークが2017年の84%から2021年には90%にスコアを向上させたことが示されています。

ルーマニア、スウェーデン、ロシアを抑えて4位に位置する。非正規サイトを選択する市場の10%には、オフショアプラットフォームや闇業者とギャンブルをする人が含まれています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

To comment

CAPTCHA


目次
閉じる