MENU

ギャンブル業界がウクライナの救援活動に参加を次々と表明

オンライン・ギャンブルの運営会社は、何年にもわたって、サイトへのアクセスを世界中へと提供してきました。ギャンブルが合法であるすべての国からのプレイヤーを歓迎し、人々が楽しみながら好きなゲームをプレイできるようなコミュニティ作りに励んでいます。もちろんウクライナでもオンラインカジノなどは人気を博しており、ギャンブル業界では、ウクライナの人々への緊急救援活動に力を注いでいます。

最近の出来事で大きな打撃を受けた彼らは、支援を切実に必要としており、助けの手を差し伸べることができる人なら誰でも、変化をもたらすことができます。そこで、「Gaming Industry for Ukraine(ウクライナのためのゲーム産業)」イニシアティブを立ち上げました。その目標は25万ポンドを集めることで、その収益金はすべてChoose Love’s Ukraine Crisis Fundraiserを通じて、避難民を支援するために使われます。

小さな親切の積み重ねが大事

オンラインカジノ、ブックメーカー、ポーカールームなどのギャンブル事業者は、利益を得るためにプレイヤーに依存しています。自分たちを支えてくれているコミュニティーに恩返しをし、感謝の気持ちを表すのは当然のことです。ウクライナのゲーミング産業は、民間企業が共通の目標のために力を合わせることができることを示す、輝かしい例です。

LeoVegasとATGは、赤十字に多額の寄付をすることで支援することを選択したギャンブル事業者の一部です。後者は200万スウェーデンクローネを寄付し、プレイヤーにも参加してもらう方法を模索している。LeoVegasはこの金額の4分の1を寄付し、同社は従業員にできる限りの援助をするよう奨励しています。赤十字を支援するという決定は偶然ではなく、この尊敬すべき組織は、人命を救うという唯一の目的を持って現地に存在しているからです。

ロシアとベラルーシへの制裁と規制

国際社会は、主権国家を侵略し、第二次世界大戦後ヨーロッパで最大の武力紛争を引き起こしたロシアに対して、断固とした制裁措置を講じました。ほとんどのギャンブル事業者は、既存のGeo制限を超えて、この国からのアクセスを制限する具体的なルールをまだ通過させていません。しかし、ICEロンドンの主催者であるClarion Gamingは、ベラルーシとロシアからの事業者をイベントに迎え入れないと発表しました。

この2カ国からのICEロンドン会議への参加を禁止するという決定は、強い連帯のシグナルを送るものです。物理的なアクセス制限にとどまらず、デジタルチャネルにも適用されるため、ロシアとベラルーシの団体にとっては痛手となります。彼らは前述の会議だけでなく、ロンドンで開催されるiGB Affiliateにも参加することができなくなります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

To comment

CAPTCHA


目次
閉じる