レオベガスが2022年に向けて米国での展開を発表

記事内容

2021年5月27日にレオベガスが2022年に向けて米国での展開を発表しました。

スウェーデンの有名なiGamingオペレーターであり、先日、自社スタジオBlue Guruを通じて独自スロットゲームを開発していくということを発表したLeoVegasは、アメリカでの事業拡大の計画も発表しました。

計画された拡張は、2022年の前半を予定しており、Caesars Entertainmentと締結したマーケットアクセス契約によって実現する予定とのことです。

上場企業も果たしているこのブランドによると、ニュージャージー州は、LeoVegasの独自のiゲーミングプラットフォームRhinoを迎える最初の米国の州になるそうです。

LeoVegasの市場参入は、Caesars Entertainmentのランドベース施設とそのiGamingライセンスを通じて行われます。

ついにキング・オブ・カジノが米国へと着陸準備に入りました。

LeoVegasは、これまでずっと「The King of Casino(ザ・キング・オブ・カジノ)」としてブランド展開していきました。

そのキングが、収益性の高いアメリカ市場を制覇しようと一歩踏み出したと言っていいでしょう。

同社のCEOであるGustaf Hagman(グスタフ・ハーグマン)氏によると、LeoVegasはアメリカでブランドを確立する機会を得たことを非常に誇りに思っているとのことで、Hagman氏は、北米におけるiGaming市場の計り知れない成長の可能性があることを強調しました。

さらにHagman氏は、独自のプラットフォームを導入したのは戦略的な決断だったと説明しています。これまでの経験から、技術を完全にコントロール下に置くことの重要性がわかっていたからです。

これは、激しいオンラインカジノ市場における競争の中で戦略的に優位に立つためのものと伝えています。

なぜニュージャージーを最初の起点に選んだかというと、その答えはシンプルです。

それは、ニュージャージー州が米国最大のオンラインカジノ市場であるということです。2020年、ニュージャージー州は10億ドル以上という莫大な収益を持っているからです。

だからこそ、レオベガスだけでなく、EveryMatrix、Enteractive、Mr Gambleなどの他の大手ブランドも、この州で米国事業を開始することを選び今後もどんどんこの地域へと足を踏み出してくる企業も増えていくこと慧沼。

LeoVegasはよく「眠らない革新者」として広く知られています。同社は米国進出の準備を進める一方で、他のプロジェクトにも取り組んでいます。

立ち止まっている暇はない!と言わんばかりに精力的に活動しています。

今年の初めには、スリリングな「LeoVegas Blastプレイモード」を導入しました。このは機能により、プレイヤーは可能な限り最速のスロットアクションを楽しむことが出来るというもので圧倒的なスピード感をユーザーに与え、ユーザーは、スピンの回数を選ぶだけで、あとは勝利した場合やボーナスラウンドをトリガーした場合にのみ、通知を受けることができるようになるというものです。

この仕組みにより、プレイヤーはただ待つという時間を浪費することはありません。

LeoJackpot Blastは、現在26のNetEntのスロットで体験することが出来、その中には「Dead or Alive」や「Gonzo’s Quest」なども組み込まれています。

LeoVegasは、先ほどもお伝えしましたが、自社スタジオBlue Guruを立ち上げ、お客様だけが利用できる独占的なゲームとBlastプレイモードを作りたいと考えています。

このスタジオでのブランド展開を引っ提げてアメリカ進出のための重要な戦略の1つとして位置付けています。

今後Blue Guruがユニークなタイトルがどんな魅力的なゲームをリリーしていくのかも目が離せません。

2022年においてニュージャージー州でLeoVegasがどのように注目を集めていくのか注目をしていきたいところですね。

当サイト限定ボーナス

口コミ

評価・コメントをする

オンラインカジノへのコメント

コメント

`