MENU

ニューヨークのオンライン・スポーツ・ベティングが稼動開始

いよいよその時が来た!ニューヨークのオンライン・スポーツ・ベッティングが稼働開始となります。

ニューヨーク賭博委員会は今週の木曜日、4つのブックメーカーが土曜日の午前9時(東部標準時)に立ち上げられると発表した。

そう、NFL第18週、全米タイトル戦、NFLポストシーズンに先駆けて、今週の土曜日である。

規制要件を満たし、稼動できるようになった4つのブックメーカーは以下の通り。

  • Caesars / シーザース
  • DraftKings /ドラフトキングス
  • FanDuel / ファンデュエル
  • BetRivers / ベットリバーズ

ゲーミングコミッションは、『賭けをいつ受け入れるかは、そのビジネス能力と準備状況に基づいて決定される。』と述べています。しかし、過去の州の立ち上げに基づいて、それは彼らが土曜日の朝に賭けを受け入れている可能性が非常に高いです。

他の5つのスポーツブックは2021年後半に承認され、賭博委員会によれば、「ローリングベース」で賭けの受け付けを開始することが許可される予定です。つまり、稼働できるときはいつでも稼働することになる。

それらのブックメーカーは以下の通り。

  • PointsBet / ポイントベット
  • BetMGM / ベットエムジーエム
  • Resorts World / リゾートワールド
  • BallyBet / バリーベット
  • WynnBet / ウィンベット

ニューヨーク州の上院議員Joseph Addabbo氏は木曜日、The Action Networkにおいて

『NFLのプレーオフが始まる前に、9つのスポーツブックのうち4つが参入するというのは、とてつもなく素晴らしいことだと思う。』

と語りました。

ニューヨークは、2018年に最高裁がPASPAを覆して以来、オンラインベッティングを開始した最大の州である。NYは2019年から対面式スポーツベッティングを導入しているが、ニューヨークから1時間以上かかる4つの対面式スポーツブックで370万ドルというわずかな税収しか得られていない。

オンライン・スポーツ・ベティングの収益は、州にとって大きな恩恵となるはずだ。ニューヨーク州は、事業者に利益に対して51%の税率で課税しており、実質的にブックと州の収入シェアとなる。しかし、ベッターには影響がないと思われる。

私たちは、ニューヨーク州が、オンライン・スポーツ・ベティングで全米のリーダーとなった近隣のニュージャージー州と同時に合法化した場合、10億ドルの税収をクリアできると予測した。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

To comment

CAPTCHA


目次
閉じる