北アイルランドで35年ぶりにギャンブル賭博法を改正

記事内容

日本でもカジノ法案(統合型リゾート(IR)整備推進法案)が進んでいますが、何も日本だけではなく、世界中で実は広がりを見せています。

その1つとして北アイルランドでギャンブル賭博法が改正をするとのニュースがありました!

北アイルランドのDirdre Hargey社会相は、産業と技術の変化に遅れずについていくためには、新しいギャンブル法が必要だと主張をしています。

北アイルランドのコミュニティ大臣は、現在の北アイルランド議会のギャンブルに対する権限の変更を開始させないために、二段階アプローチを提案しており、慎重かつしっかりと法改正を進めています。

その法案が今後、数週間以内に議会に提出される予定とのことで具体的には、子ども向けのゲーム機などの垂直市場に新たな違法行為を加えたり、ギャンブル契約を法的に強制できるようにしたり、ライセンス保有者のための行動規範を定めたりする。

緩和ではなくしっかりとく厳しくするところは厳しくするなどの改正も含まれています。

北アイルランドの社会相Deirdre Hargeyは公開協議の中で次のようにコメントを発表しています。

ギャンブル法は35年前に制定されて以来、ほとんど変わっていない。例えば日本のギャンブル規制は産業や技術の変化に追いついていない。私の考えでは、変化はずっと遅れている。

我々の協議から、人々がギャンブルに対する既存の法的制約のいくつかが緩和されることに満足していることは明らかである。しかし、政府やギャンブル業界などは、問題のあるギャンブルを防止し、管理し、対処するためにもっと多くのことをする必要があるとも彼らは考えている。

私がとっている実用的なアプローチは、規制とオンラインギャンブルの複雑な領域が彼らが必要とする時間と考慮を与えられることを同時に確保しながら、私たちが短期的に多くの必要な変更を提供することを意味します。

今後二段階に分けて発表されるうちの第一段階では、17の主要分野、すなわち、施設を基盤としたギャンブル、低年齢者向けのギャンブルのさらなる規制、および周辺の営業時間の一部の緩和に関する法律の整備を取り上げています。

再検討されたギャンブル法の第2段階は、オンラインギャンブルとゲーム機を規制する新たな枠組みを含め、より広範なものになる。

これによっていづれはランドカジノが北アイルランドに登場するのではないか?と期待持たれています。

そしてオンラインカジノとの折り合いをつけるということではないでしょうか?日本もこれからのカジノ法案が順調に進んでいくことに期待したいですね。

当サイト限定ボーナス

口コミ

評価・コメントをする

オンラインカジノへのコメント

コメント

`