オハイオ州がスポーツギャンブルを合法化する法案を発表

記事内容

オハイオ州では、スポーツベッティングを合法化するための法案が正式に提出されました。

ニラジ・アンタニ氏によって上院法案176号が提出され、2022年1月に州内で開設される可能性のあるスポーツベッティング市場の合法化と規制について2種類のライセンスが認められることとなりました。

■タイプAライセンスは、業者がそれぞれ1つのブランド名でオンラインスポーツプールを通じてスポーツベッティングを提供することを認めており、1人の支配者がこのライセンスを5つ以上取得することは認められていません。

■タイプBライセンス(1業者につき最大20件)は、スポーツゲーミングエージェントが1つの小売施設でスポーツゲーミングを提供するためのライセンスです。

どちらのタイプも、100万ドルのライセンス料(返金不可)が必要で、スポーツゲーミング収益基金に入金されます。さらに申請料として10,000ドル(返金不可)が必要となり、産業界には10%の税金が課せられるとのことです。

現在、スポーツゲーミングは、ケンタッキー州を除いて、オハイオ州に隣接するすべての州で合法となっているということでどんどん合法化が進んでいますね。

当然、プレイヤーを保護し、安心・安全で規制された方法は必要不可欠です。

この法案には、地元の上院議員も共同提案者として名を連ねており、彼は最近、オハイオ州のスポーツギャンブルに対する自由市場的なアプローチであることを説明し、次のように述べています。

“オハイオ州の人々は、2018年に最高裁判所がスポーツベッティングを合法化できると判断して以来、スポーツベッティングを望んでおり、この法案はそれを実現するものです」。カジノ管理委員会は2022年1月までにライセンスを発行し、人々はどこで賭けられるのか、どんなアプリに賭けられるのかを知ることになります。”

同氏は、州内でのギャンブル拡大を望まない住民の声を聞いたとしながらも、州外の億万長者がオハイオ州に入ってきて、投票率を上げて独占状態になる可能性を指摘しました。

今の目標は、州議会が夏休みに入る前にこの法律を成立させることです」と彼は付け加えており、非常に速いスケジュールで事が進む可能性があります。

上院はまだこの法案の公聴会の日程を決めておらず、委員会にも割り当てていません。

オハイオ州でのスポーツゲーミングについてオハイオ州知事のマイク・デワイン氏は、オハイオ州でスポーツゲーミングが合法化されるのは時間の問題であると述べた。

マイク・デワイン氏は

“スポーツゲーミングはすでにオハイオ州で行われており、オハイオ州はそれを規制していないだけです。」これは避けて通れないものであるため、適切なプロセスをスポーツゲーミングがオハイオ州にやってくることは確かです」。

とコメントしました。

どんどんスポーツベットの合法化が進んでいますね。

日本ではまだまだ法規制がないものの、今後もオハイオ州のようにリゾートカジノ施設と共に合法化されていけば健全化されていくのではないでしょうか?

日本も早く合法化してほしいですね!

当サイト限定ボーナス

口コミ

評価・コメントをする

オンラインカジノへのコメント

コメント

`