MENU

オンラインギャンブル業界は2022年に1兆ドルを超える可能性も

ある調査によると、オンライン・ギャンブル業界の賭け金が2022年には1兆ドルの大台に乗る可能性があるとのことです。1兆ドルという巨大市場へと成長する見込みとなったこの市場はどうなっていくのでしょうか?

COVID-19の大流行

リモートギャンブルは、COVID-19の大流行による好影響を経験した数少ない産業のひとつです。陸上カジノは閉鎖され、賭博客はオンライン・プラットフォームで賭博を楽しむようになりました。そのおかげで、オンライン業界は2021年に記録的な成長を遂げました。

イギリスにあるJuniper Researchが実施した調査によると、オンライン・ギャンブルの賭け金の価値は、2021年中に9500億ドルという途方もない額に達する可能性があるという見解を示しました。

モバイル&オンラインギャンブルの調査には、2016年~2021年の期間のカジノ、宝くじ、賭け事&VRが含まれています。従来のオンラインギャンブルのレポートでは、宝くじは国営であるため除外されることがほとんどでしたが、Juniper Researchでは、このシフトを予想しており、それは的中するかもしれません。

英国に拠点を置くジュニパーリサーチのチームは、世界中のハイテク通信セクターにサービスを提供し、その調査や分析研究に対するコンサルティングを通じてそれを実現しています。

オンライン・ギャンブルに移行するクラップス・パンターたち

陸上施設からリモートギャンブルプラットフォームへの消費者の大量流入と、宝くじ市場の巨大な可能性を把握した国営宝くじにより、賭け事部門は来年、前例のない成長を遂げることになります。

統計によると、世界中で66億4800万人がスマートフォンを所有しており、これは5年前に記録した数のほぼ2倍にあたります。2025年には、インターネットユーザーの72%がスマートフォンからアクセスするようになるだろうと言われています。

技術的進歩とカスタマー・ロイヤルティ

バーチャル・リアリティ・ゲーム、ブランド・コンテンツ、ライブ・ディーラー・ゲーム、暗号通貨など、アイゲーミングにおける革新的な技術は、経験豊富なファンや新しいファンにとって、リモート・ギャンブルをより魅力的なものにしています。VRのようなハイテクゲーミングが惹きつける層から、ジュニパーは、この垂直方向が賭け金の半分近くを占めるようになると予測しています。

これが実現するには、さらに多くのVR対応ゲームを導入する必要があると思われますが、ハイローラーたちは、バーチャルリアリティのギャンブル体験に喜んで高額を支払う可能性があります。VR WSOPのようなトーナメントを想像してみてください。

ジュニパーのリサーチ・オーサー、ローレン・フォイエは、次のように述べています。

『VRの新しいフォーマットは、最初はニッチな顧客を引き付けるでしょうが、これらの参加者は、現実世界の「カジノスタイル」のVRギャンブル商品にかなりの額を賭けるでしょう。

業界の持続的な成長に寄与する最も重要な要因の1つは、顧客ロイヤリティの確立です。業界が成熟するにつれて、プロバイダーはリターンビジネスを促進する戦略に目を向けることができます。顧客サービス、高品質かつユニークなコンテンツ、データの安全性は、すべてオンライン消費者との信頼関係を構築し、私たちは最高のブランドがこれらの要因を活用していることを見てきました。』

とコメントしています。

1兆ドルへの道

フィリピンのように遠隔賭博を禁止している地域もありますが、一般的な傾向として、消費者が保護を享受できる規制された市場を確立することが求められています。2021年には、オランダやドイツなどの大手企業がiGamingの規制世界に参入し、アメリカ各地の州がスポーツベッティングやオンラインギャンブルに門戸を開いたのを目にしました。

ブロックチェーン技術は業界にも旋風を巻き起こしており、これは通貨としてだけではありません。確かに、ビットコインやその他の暗号通貨が台頭し、一部のプラットフォームはこの技術に特化していますが、この技術はイゲーミングの他の部分も向上させています。証明可能で公正なブロックチェーンゲームや、KYCやAMLのためのブロックチェーン台帳の利用は、不変のデータの利点が顕著に明らかになるにつれ、増加の一途をたどっています。

また、ソフトウェア開発者は、その創造的な影響力と技術の進歩とを組み合わせることで、プレイヤーを惹きつけ、ロイヤリティを生み出すことができることを示しました。プラットフォームは、トップスタジオのゲームを提供することで競争力を得ていますが、ここ数年、クリエイティブな才能を発揮しているのを目の当たりにしています。

ユーザーとの関わりによって、リターン・ビジネスを引き寄せるために大きな役割を果たします。お気に入りのチームに関するニュースやメディア、過去のベットアクティビティに基づいたパーソナライズされたサービスなどを提供することで、ユーザーのエンゲージメントを高め、離脱率を下げることができます。

ブランドコンテンツにはそれなりの利点があり、IGTとWWEとのブランド宝くじゲームの複数年契約は、経験豊富なオペレーターがこれを理解していることの証明となります。Unibetは昨年、ライブディーラーのゲームでPittsburgh Steelersと契約を結び、他のプロバイダーは人目を引くゲームを作るためにハリウッドのタイトルや有名な音楽アーティストを使用したりなどさらにクオリティは高まるばかりです。

バーチャルリアリティの想像を絶する可能性

オンラインギャンブルは想像を絶する可能性を秘めており、イノベーションが次々と起こるため、イゲーミングの未来は非常にエキサイティングです。一貫したサービス・プロバイダーは、競争の激しい市場で際立った地位を築くでしょう。今年はどんな年になるのでしょうか?

いまから楽しみで仕方ありませんね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

To comment

CAPTCHA


目次
閉じる