MENU

Pragmatic PlayがPlaybetと契約し、南アフ リカでの事業拡大をすすめる

iGaming業界をリードするコンテンツプロバイダーであるPragmatic Play(プラグマティック・プレイ)は、南アフリカの大手オペレーターであるプレイベットと契約を締結し、同国でのプレゼンスを大幅に向上させました。

南アフリカのオンラインカジノサイトPlaybet(プレイベット)と3つのバーティカルをライブで提供開始することになります。

この契約により、プラグマティック・プレイのスロット、ライブカジノ、バーチャルスポーツの全タイトルが、ソフトウェアプロバイダーのAardvarkを通じてプレイベットの顧客に提供され、2月1日に稼動開始となります。

プラグマティック・プレイがグローバルな規制市場において商業的成功を収め続ける中、スイートボナンザキャンディランド、画期的なタイトルであるウルフゴールド、数々の賞を受賞したスロットゲイツオブオリンパスなどのタイトルにより、南部アフリカ地域内のブランド露出が大幅に増加する予定です。

プラグマティック・プレイの最高事業開発責任者であるヨシ・バーゼリーは、次のように述べています。

『これは、南アフリカの大手プレイヤーの1つと締結する素晴らしい契約であり、この重要な市場における私たちの野望を促進するものです。

プレイベットと協力してこれを実現できたことは喜ばしいことであり、プレイベットのプレイヤーは、流入してくる質の高いコンテンツを気に入るに違いない。』

と述べています。


 

プレイベットCMOのジョージ・ヴァシロプロス氏はこう語っています。

『今回の提携により、プレイベットのお客様は、playbet.co.zaのウェブサイトを通じて、200以上のワールドクラスの受賞ゲームやプロモーションをご利用いただけるようになりました。AardvarkソフトウェアプロバイダとPragmatic Playの素晴らしい開発とコンプライアンス作業に感謝します。』

とコメントしています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

To comment

CAPTCHA


目次
閉じる