Pragmatic play社はRGTとのパートナーシップを共同で公開

記事内容

Pragmatic play社は、さらに新しいライブカジノ契約でラテンアメリカでの拡大を続けています!

オンラインカジノに業界において様々なゲーム展開をリードするゲームコンテンツプロバイダーであるPragmaticPlay社は、すべてのライブカジノ製品をラテンアメリカのオペレーターであるRoyal GamingTechnologyと共同で公開することを決め、これによってさらにラテンアメリカの市場を拡大していくことでしょう。

2020年12月にPragmaticPlayのスロットをコンテンツカタログに追加した後、オンラインオペレーターは、サプライヤーのライブカジノ 製品の範囲を追加し、スムーズな統合プロセスの後にそれらをライブにすることで、契約を迅速に拡大しました。

RGT(Royal GamingTechnology)は、「Mega Wheel」や「Mega Roulette」などの人気ゲームショーのタイトルや、「Roulette」、「Blackjack」、「Baccarat」などの定番タイトルを含む、RGT社のプレミアムライブカジノゲームを利用することができます。

「Dragon Tiger」も近日楽しめるということです。

今回の追加によってPragmatic Play社のマルチプロダクト提供の拡大が容易であることに注目して欲しいです。オンラインカジノサイト側としては、プロバイダのシングルAPIソリューションを介して、迅速かつスムーズに多くのバーティカルコンテンツを追加することができるとのことです。

さらにPragmatic Play社の勢いが拡大していくことは間違いないと言えるでしょう。

Pragmatic PlayのLatamオペレーション担当副社長のVictor Arias氏は次のようにコメントしています。

 ”RGTで当社のライブ・カジノ・ポートフォリオ全体をライブ配信することは、大陸における当社のゲームに対する意欲と高い需要を証明するものです。

“当社のすべての垂直統合プロセスは、ビジネスとしての当社の能力を改めて証明するものであり、当社はこの地域で経験している拡大段階を継続することを切望しています」と述べています。RGT社のライブカジノゲームが利用できるようになったことは、この分野を大陸全体で統合するための大きな一歩です。

RGTのゼネラルマネージャー、Pablo Quirós氏は次のようにコメントしています。

“Pragmatic Playとのパートナーシップは大きな成功を収めています。そのスロットコレクションの人気を目の当たりにし、ライブカジノが私たちのサービスに大きく貢献していることを確信しています。また、バーチャルスポーツのラインナップもすぐに追加できることを嬉しく思っています。 

“プラグマティック・プレイから新しいバーティカルを追加することは、その単一のAPIを利用することで非常に簡単でした。

Pragmatic Play社は現在、月に最大5つの新しいスロットタイトルを制作しているほか、ライブカジノやビンゴゲームもマルチプロダクトポートフォリオの一部として提供しており、そのどれもが1つのAPIで利用可能となっています。

オンラインカジノのユーザーとしては数々のゲームをさらに遊ぶことが出来ますし、Pragmatic Play社の勢いはとどまるところを知りません。これからもどんどん提携を進めていくことは間違いないでしょう。

当サイト限定ボーナス

口コミ

評価・コメントをする

オンラインカジノへのコメント

コメント

`