MENU

スイスで新しいオンラインカジノに門戸を開く

スイスの連邦議会とギャンブル規制機関は、新たに2つのカジノゾーンを設け、「23」のカジノライセンスを認めると発表しました。

この決定は、スイス連邦賭博委員会(ESBK)の報告書を受けたもので、同委員会は、スイスのギャンブルの状況について詳しく説明し、さらなる強化のための勧告も行っている。

ローザンヌとヴィンタートゥールの2地域が新たにカジノを設置できるようになり、ESBKは5月以降、タイプAのコンセッション入札に参加する申請者を募集する。連邦内閣は、ライセンスの種類と承認要件を規定。

スイスのすべてのライセンス事業者は、オンラインカジノサービスを提供するためにライセンス延長を申請することができ、現在の21事業者のうち8事業者がリモートギャンブルを提供しています。

ライセンス更新の事実と新たな展開

スイスの現在のギャンブル事情は、国境内に21の区分されたギャンブルゾーンがあることを認めています。

ライセンスには、クラスAのオペレーター8社とクラスBのオペレーター13社が含まれ、ライセンス期間は20年となっています。ローザンヌとヴィンタートゥールの新しいライセンス保持者は、無制限のクラスAライセンスの恩恵を受けています。クラスBのカジノは、ベット額に25スイスフランの上限が設定されています。

ESBKの提案は、スイスのギャンブル産業の成功に関する報告書と一緒に出されたもので、現在のすべての事業者は、2024年末までにライセンスの更新を申請しなければならない。この区画整理の決定は、現在のライセンシーや彼らが拠点を置く地域には影響を与えない。

新しいライセンスの承認はESBKが行い、連邦評議会は、申請手続きはオープンプロシージャであることを助言した。これは、すべての利害関係者がこのライセンスを申請できることを意味する。

スイスのギャンブル産業

ESBKは、過去20年間、ギャンブル市場が法律で定められた目標を達成し、スイスの成功を報告しています。スイスには21のカジノがあり、国民に娯楽と経済的利益を提供しており、規制当局はこの成功を維持することを確信しています。

カジノから得られる税金の総額は、2002年以降73億900万スイスフランに上り、62億5300万スイスフランがスイス年金制度(AHV)に配分されています。タイプAのカジノは、年間売上高が最低3,000万スイスフランと予め決められています。ESBKは、それぞれの地域の潜在力を活用するために、新しいカジノゾーンをタイプAのライセンスとして提案しました。

タイプAのカジノは、車で30分圏内に30万人以上の消費者がいる地域でのみ運営することができます。ただし、観光客の割合が高く、経済的な成功に寄与していることを申請者が証明すれば、永住者の集客数が少ない地域でも例外となります。

スイスのカジノは金融仲介業者として認められており、スイス・マネー・ローンダリング法(AMLA)を遵守しなければならず、すべてのライセンス保持者は安全かつ透明性の高いゲームを提供しなければなりません。ESBKは、プレイヤーがゲームを利用できるようになる前に、国内で提供されるすべてのゲームを承認します。

スイスの法律では、ESBKのランドベースカジノライセンスを取得したオペレーターにのみ、オンラインゲームを提供することを許可しています。今回発表された新しいライセンスは、オープンな申請プロセスで、どのオペレーターもスイスのギャンブル市場の一部を獲得するために入札することができます。

スイス以外の事業者がこの独占市場に参入できるかどうかは、まだわかりません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

To comment

CAPTCHA


目次
閉じる