MENU

英国政府はギャンブルの見直しを5月まで延期する模様

英国政府によるギャンブル産業の見直しは、2022年5月まで延期される可能性が高いとGuardian紙が報じています。

延期の原因は政府の再編成の可能性が高い

イギリスのギャンブル法の大規模な改革を実行する提案は、ギャンブル依存症や広告やスポンサーを通じて子供たちがギャンブルに触れることへの懸念から、デジタル・文化・メディア・スポーツ省主導で2020年12月に開始されました。

最近のイギリス政府の再編により、ギャンブル法の見直しはおそらく2022年5月まで延期されるとメディアは報じています。

当初、白書は2021年末までに発行される予定でしたが、内閣改造が行われ、Chris Philp氏がJohn Whittingdale氏に代わってギャンブル大臣に就任する中で、2022年初頭まで延期されることになったのです。

All-Party Parliamentary Group for Gambling Related Harmの議長であるCarolyn Harris氏は、この報告書についてコメントし、政府内で進行中の状況がレビューにかなりの影響を及ぼすと説明しています。

『もちろん、正しい改革を行うための証拠集めに時間は必要ですが、ギャンブルの見直しは2年以上前に発表されました。一日一日の遅れは、業界が利益を得る一方で、ギャンブルに関連する被害をさらに拡大させることになる!今こそ行動を起こすべき時なのだ』

とハリス氏は強調しました。


一方、慈善団体Gambling With Livesの共同設立者であるLiz Ritchie氏は、

『ホワイトペーパーはできるだけ早く発表されるべき!英国では毎日、ギャンブルが原因で命を落としている人がいる。だから、このホワイトペーパーを見るために5月まで待つわけにはいかない。政府が行動を起こすまでに、あと何人の家族が、依存性の高いギャンブル商品と略奪的なギャンブル産業の慣行によって壊されなければならないのか』

と彼女は問いかけました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

To comment

CAPTCHA


目次
閉じる