MENU

VRギャンブルはこの先20億ドルのニッチな市場になる可能性あり?

iGaming業界ではVRテクノロジーの採用が始まっています。予測によると、このIGAMINGセグメントには有望な可能性があり、近い将来20億ドルの業界になる可能性があると専門家は言います。そしてVRでのゲームプレイはすでに体験できるという点は忘れないでほしいです。もう手に取って遊ぶことが出来ます。

 イギリスのロンドンにあるTechnavio Researchの最近の調査によると、バーチャル・リアリティ・ギャンブルは増加傾向にあるとのことです。2025年末には17億4000万ドルの産業となる可能性があると言われています。

すでに数年でここまで拡大していくであろうという予測が立っていることにも驚きですね。

オンラインギャンブルにおけるバーチャルリアリティ分野の予測複合年間成長率は、2020年から2025年までの期間で53.13%という驚異的な数字となっている。この好影響は、ランドベースの施設におけるCOVID-19閉鎖の余波をはじめとした、さまざまな要因によるものです。

より多くのプラットフォームプロバイダーがパンターにVR体験を提供する一方で、リモートギャンブルのこのセグメントには欠点があります。この種の機器には高いコストがかかるため、最高のカジノではゲームを利用できるものの、すべてのプレーヤーの手の届くものではありません。この調査によると、成長の最も大きな割合を占めるのは、北米、英国、および中国であるという。

Technavioは、このセグメントの市場成長は、これらのデジタルツールが要求する初期費用によって制限されると理由を述べています。このニッチ分野への投資の必要性を感じているのは、アーリーアダプターとイノベーターだけであると、テクナビオは考えている。

残りの消費者がこの技術を採用するのは、VRセットの価格が大幅に下がってからになるだろうと、このレポートは予測しています。

バーチャル・リアリティ ギャンブルはなぜバーチャル・リアリティのニッチになり得るのか?

VRは、仮想世界がプレイヤーを想像もつかないような場所に連れて行き、自分自身の現実を作り上げることを可能にする、ゲームにおけるツールとして知られています。しかし、この体験はオンライン・ギャンブルにどのように適合し、成長の急増はどこから来るのでしょうか?

Technavioは、パンデミック後の統計に注目し、消費者のニーズの変化に対応するために、ギャンブル業界がどのように適応しているかを示しました。一方、ギャンブラーは、オンライン・ベッティングがいかに満足度の高いものであるかを発見しました。過去2年間の売上高の高騰は、オンライン・プラットフォームがいかに破裂したかを示しています。VRギャンブルの分野だけでも、2021年には前期比32.17%の増加を示しています。

昨年、多くの実店舗のカジノがロックダウンによる長期閉鎖を経て開業したが、多くのパンターはイゲーミング部門内に留まっている。そこで、仮想のギャンブルの世界がゲームチェンジャーとなるのです。プレイヤーは、より本格的なオンライン・ギャンブル体験を求め、プラットフォームはライブ・ディーラー・ゲーム、3Dグラフィックス、VR搭載のゲームを通じてこれを実現します。

オンライン・カジノでは、ランドベースの施設で見たり、感じたり、聞いたりしていたことを、プレイヤーが好きな場所で快適に体験することができます。

プレイヤーは、バーチャルカジノで自分の好きなアバターになりきって、世界中から集まった何百人ものプレイヤーと一緒にゲームを楽しむことができます。これにより、プラットフォーム・プロバイダーは、ゲストのイマジネーションが膨らむような、特別なデザインのカジノを作ることができるのです。

VRゲーミングとその未来について

VRの革新は、かつてはSF映画の中で見るものだったが、ハイテク企業Oculus Riftがハードウェアと実機の技術を開発し、現在はマーク・ザッカーバーグが所有しています。

旧Facebook社である現Metaのオーナーは、2014年に30億ドルという気の遠くなるような金額でOculusテクノロジー会社を買収した。2016年のVRヘッドセット「Oculus Rift」の発売後、さらにいくつかのブランドがヘッドマウント型VRデバイスをリリースした。

今日、パンターは、888ホールディングス、Kindredグループのカジノ、Evolution Gamingのカジノなど、主要なプラットフォームプロバイダーで、最も没入感のあるVRギャンブルをすでに体験することができます。プレイヤーは、ライブディーラーや他のギャンブラーと交流しながら、本物に近い体験を楽しむことができるのです。

また、ザッカーバーグは、インターネットに代わる仮想世界「メタバース」の開発への投資と計画も発表しました。ここでは、ギャンブラーは、五感を刺激し、卓越したインタラクティブなプレイを可能にするVR世界の多くの場所に移動することができます。

ソファーに座ったまま世界旅行

VR技術は人によっては未知の技術かもしれませんが、すでに数年前から現代技術の一部となっています。消費者にとってより身近なものになり、メタバースが台頭している今、バーチャルな未来は必然です。

世界のどこにいても、ソファでくつろぎながらギャンブルをすることが、新しい常識になるだろう。問題は、ランドベースのカジノが衰退していくのか、それとも、現代人を惹きつける方法を見つけて、レンガとモルタルの施設に適応していくのか?ということはまだ判断は出来ませんが、双方が成長を続けていくことにもつながっていきます。

ランドカジノのあの現実逃避が出来る場所という点においては唯一無二であるため、無くなることはありませんが、オンライン市場は間違いなく成長市場です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

To comment

CAPTCHA


目次
閉じる