William Hillが米国初のスポーツブックをスポーツアリーナで営業開始

記事内容

William Hill(ウィリアム・ヒル)がまたまた史上初を行いました!

アメリカのプロスポーツ競技場内に設置された史上初のスポーツベッティング施設としてスタートを切ったのです。

ミシュランの星を獲得している有名なシェフ、ニコラス・ステファネリ氏による最先端のスポーツブックとレストランのコンセプトに採用されたのです。

2021年5月26日がワシントンD.C. のみならず、アメリカのスポーツの歴史において大きな節目となることでしょう。

Monumental Sports & EntertainmentのCapital One ArenaにあるWilliam Hillスポーツブックが正式にオープンし、アメリカのプロスポーツ施設内にオープンした史上初のスポーツベッティング施設となりました。

Caesars Entertainment(カエサル・エンターテイメント)傘下のWilliam HillとMonumental Sports & Entertainmentは、2019年10月に画期的なパートナーシップ契約を発表し、地元地域のみならず世界のお客様のために、世界初のマーキー・デスティネーションをオープンしました。

ミシュランの星を獲得したシェフでメリーランド州出身のニコラス・ステファネリ氏をメインシェフとして迎え入れ、ホスピタリティとエンターテインメント業界を代表する3人の才能が、真にユニークで特別な体験をゲストに提供します。

“Monumental Sports & Entertainmentの創業者兼CEOであるテッド・レオンシス氏は、コメントを発表しています。

『Monumental Sports & Entertainmentは、スポーツベッティングの実績あるリーダーであり革新者であるWilliam Hill社およびCaesars Entertainment社と協力して、卓越したファン体験を提供し、ファーストインクラスおよびベストインクラスとして業界の模範となることができたことを誇りに思い、”ステファネリシェフが提供する高級レストランを備えた美しく親しみやすい空間で、データに基づいた最先端の環境を提供することで、キャピタル・ワン・アリーナで毎晩作られる忘れられない思い出をさらに充実させ、歴史あるDCのダウンタウン地区にさらに多くのお客様を呼び込むことができることでしょう。』

と喜びと興奮の声を上げています。

建物は2階建て、18,000平方フィートという誇大な敷地面積の中に、17のベッティング・ウィンドウと12のセルフサービス・ベッティング・キオスクが設置されているほか、最新の5G Wi-Fi機能を備えているため、ファンは食事や飲み物を楽しみながら、William Hillアプリを使ってモバイル機器でもベットを行うことができます。

キャピタルズやウィザーズの試合を観戦される方も、スポーツブックで海外の試合を観戦される方も、ステファネリ氏が考案したスポーツバーのメニューを利用して、プレミアムな1日を楽しく過ごすことが出来ることでそう。

スポーツブックでは、100台以上のテレビ画面が設置されており、そのうち4台は、会場中央の天井から吊るされた巨大なモニターとなって四方に設置されています。

このジャンボトロンは、キャピタル・ワン・アリーナのセンターアイス/センターコートに設置されているものを再現しているとのことで、施設全体を包む1,500平方フィートのカスタムLEDスクリーンは、様々なスポーツの複数の試合を同時に楽しむことができる最高の視聴体験を提供し、周りの観客と一緒に楽しむことが出来るようになっています。

また、テレビやラジオの生中継に使用される放送スタジオや、2つのVIPエリア、プライベートダイニング&エンターテイメントスペースもあります。

階段の手すりに施された野球の縫い目、メインバーに設置されたビンテージロッカー、空間のいたるところに置かれた地元のスポーツ記念品、天井に印刷された地元アリーナのスケッチなど、スポーツの歴史や地元のプロチームに敬意を表したデザイン要素が盛り込まれているのもエンターテイメント性があり、ただのレストランにはない唯一無二の個性となって遊びに来たお客様に驚きと興奮を与えてくれることでしょう。

スポーツブックとレストランは、年間を通じて毎日営業し、Fストリートから一般のお客様にもアクセスしていただけます。

また、現在、年間230のイベントが開催され、300万人のお客様をお迎えしているキャピタルワン・アリーナで開催される一部のチケット制イベントの際には、キャピタルワン・アリーナと直接行き来することもできるとのことです。

“William Hillの親会社であるCaesars EntertainmentのCEOであるTom Reeg氏はコメントを発表しています。

「100台以上のテレビ、約20のベッティングウィンドウ、12台のキオスク、そしてWilliam Hillモバイルアプリを利用することで、お客様はホームでCapitalsやWizardsの試合を観戦したり、試合中にお気に入りのチームに賭けたりして、素晴らしいゲームデイを楽しむことができます。”ニコラスシェフが加わったことで、Monumental Sports & Entertainmentとのパートナーシップがエリートレベルにまで高まり、地域のファンに究極のスポーツブック体験を提供できるようになりました」。

ステファネリ氏による最高のフルサービスの飲食物とWilliam Hillの代名詞であるプレミアムスポーツベッティング施設が融合することでキャピタル・ワン・アリーナの陽気でエネルギッシュな雰囲気を見事に再現しています。

Monumental Sports & EntertainmentのCapital One Arenaに設置されたWilliam Hill Sportsbookは、Caesars Entertainmentが運営する世界初のスポーツブックです。

Caesars Entertainmentは最近、William Hill, PLCの買収を完了し、現在、170以上の小売スポーツブックを含め、米国の18の州と地域でスポーツベッティングのオプションを提供しています。

一度でいいからブックメーカー好きの方は足を踏み入れたくなりますよね。

ウィリアムヒルはブックメーカーにおいては世界三大サイトの1つとも言われており、日本でも非常に人気の高いサイトです。

ブックメーカーの他にもオンラインカジノも運営をしていてどちらも世界最高の体験をプレイヤーに提供してくれています。

まだ利用したことがないという人はぜひとも遊んでみましょう!

 

>>ウィリアムヒルの公式サイトはこちら<<

当サイト限定ボーナス

口コミ

評価・コメントをする

オンラインカジノへのコメント

コメント

`