MENU

WYNN RESORTS LTDは、アルマルジャン島に統合型リゾートを建設を予定

WYNN RESORTS (ウィン・リゾーツ)社は、ウアイの人工島「アル・マルジャン島」に25万平方メートルの統合型リゾートの建設を計画しています。

カジノリゾート大手のウィン・リゾーツ社は、マルジャン、RAKホスピタリティホールディング社と共同で、数十億ドル規模にもなる高級リゾート開発を計画しています。

統合型リゾートは、UAEのラスアルハイマにある人工島「アル・マルジャン島」に建設される予定ということで、まだ設計・開発はスタート段階です。

ラスアルハイマ観光開発局は、統合型リゾートの計画発表と同時に、新しい部門を紹介する声明を発表した。Entertainment and Gaming Regulation部門は、ホテルとゲーミングスペースを統合したリゾートを監督することになる。

このプロジェクトは、通常ギャンブルを禁止しているアラブ首長国連邦でのウィン・リゾーツ社の最初のプロジェクトとなります。

アラビア湾でのゲーミングリゾートの実態

ウィン・リゾーツ社は、ネバダ州を拠点とするカジノ経営会社で、豪華な宿泊施設、エンターテインメント、ショッピング、ギャンブル施設を備えたラスベガスやマカオの統合型リゾートで主に知られています。UAEには他にカジノが存在しないため、同社は今回の開発で未知の領域に踏み込みました。ドバイのシーザースパレスでさえカジノはない。

アル・マルジャン島は、アラビア湾の沖合に浮かぶ人工島で、全長4キロメートルにも及ぶ。5つの島からなるこのプロジェクトは2008年に着工し、2010年までに開発者が最初の住宅を完成させた。

このプロジェクトは、周囲の生態系を破壊することなく、島をつくることを目指した印象的なものでした。以来、アル・マルジャン島は、7.8kmのビーチとワールドクラスのホテルで贅沢な休日を体験できる、有数の観光地となりました。5つの部分からなる島は、珍しい円や半円の形をしており、上空から見ると地球外生命体のように見える。

マルヤンとウィン・リゾーツのプロジェクトは、島の1つに25万m²の面積を確保し、湾とマリーナの景色を一望できるようにします。1,000室以上の客室、高級ショッピングモール、コンベンション施設、10軒のレストランとラウンジ、スパ、ゲーム場などが含まれます。ウィン・リゾーツ社にとって初のビーチリゾートとなり、完成は2026年に予定されています。

ウィン・リゾーツの新CEOに就任したクレイグ・ビリングスは、次のようにコメントしています。

『この地域はホスピタリティと観光産業にとって非常に大きな可能性を秘めており、私たちはラスアルカイマで統合型リゾートを開発するという展望に興奮しています。』

とコメントとしています。

統合型リゾートの開発は、ウィン・リゾーツにとってこの首長国への重要な海外直接投資であり、この種のプロジェクトとしては首長国で最大となります。まだ設計の初期段階であり、ラスアルカイマ観光開発局から統合型リゾートのライセンスを取得する必要があるとのことです。

UAEにおけるスロットゲーミング

雇用の創出、地域経済の活性化、観光振興のほか、UAEに統合型リゾートが誕生することは、アラブ地域がより自由な未来に向かうことを示唆しているのかもしれない。アラブ首長国連邦の宗教と刑法は、ギャンブルを禁じています。しかし、統合型リゾートとは、通常、ホテルとカジノなどの娯楽施設を併設した施設を指す。

ラスアルカイマ観光開発局の発表によると、このリゾートにはゲーム施設が含まれ、新しい部門がゲームを規制すると説明されている。ギャンブル業界では、「ゲーミング」という言葉を賭け事と同じように使っています。このリゾートが「ゲーミング」設備の一部としてギャンブルを提供すると明示した報道はなく、関係者も現段階ではこれ以上の詳細は明かさない意向です。

UAEは労働力の80%を外国人が占めており、より自由な社会を目指しているため、2020年中に刑法に一定の改革を導入しました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

To comment

CAPTCHA


目次
閉じる